2024年04月07日

3月の本

気持ちも新たに…なんて書いていたのは、どこのどいつですか?
なんてツッコミはおいといて。
春の弥生の曙に読んでいたのはこれ。
  
  ・八月の御所グラウンド - 万城目学


1234久し振りの京都が舞台のお話とのこと。不可思議系かと思いきや、感動&感涙の傑作青春小説だと!?

収録作は「十二月の都大路上下(カケ)る」「八月の御所グラウンド」の二編。長編かと思ったら、またこのパターンですね(作者のせいじゃないんだけど)
連作短編でもないかなぁ。まぁ、『京都』っていう物凄く大きな括りはあるけど…あっ!あとは『蘭奢堂』もか?!
()
もやもやしつつも超あらすじ!

『十二月の都大路上下』 駅伝大会に究極出場することになった、異常なまでに方向音痴な坂東。ペースメーカーの選手と競いつつ走る彼女は沿道に奇妙な一団を見つける。

『八月の御所グラウンド』彼女と別れ、地獄のような暑さの京都で夏休みを過ごすこととなった朽木。そんな彼に友人・多聞から野球の誘いが。伝統的な試合ではあるが由来は馬鹿馬鹿しい。メンバーも寄せ集めだ。そんなメンバーが欠けてあわや試合棄権か?と思われたある日、ひょっこりと3人の助っ人が現れた。

どちらのお話も、まさに青春真っ只中。
十二月の~は、ライバルと定めた選手と共に走ることで、冷静さと闘争心を己に科す。
「奇妙な一団」を見たという秘密をライバルと共有することで、友情のような関係が芽生える。
そんな一連の出来事が短い時間枠でさらりと描かれている。まさに青春の一頁。
でも、個人的にはこの短さの話に例の「奇妙な一団」をぶっ込まれてもなぁ、という感じ。彼らである必然性が、というかそういう事象を出す必要性があったのかしら。
まぁ、京都で走ってる=彼ら(あっ、バレちゃったかな?/)という連想なんだろうが。

八月の~。これはある意味、ちょっと切ないお話。
野球試合の由来なんて酔狂以外何物でもない() みんな被害者だ。元々関係の無い朽木はなおさらだ()
メンバーが欠けて、棄権の窮地を見計らったかのように現れた三人。
寄せ集めのメンバーは、野球の試合を通してひとつに…ってほどの美談じゃないけど()、純粋に野球を楽しむメンバー達。そして、謎の三人の秘密。
ひょんなことからある可能性に行き着く朽木。一方の多聞もある疑念を抱いていた。
それを口にした時、大文字焼きの火がともる。明日の試合に三人は来るのだろうか。


ブログランキング参加中!
バナーをポチッとお願いします!!
人気ブログランキング
人気ブログランキング

2024年02月04日

2024年1月の本! ~気持ちも新たに、などと思わなくもなく

色々とあってうち捨てられ状態の感想文書庫。
心機一転、めでたく復活の一月はこんな本を早速読みました。

  ・可燃物 - 米澤穂信

kanen

『黒牢城』の記憶も新しい米澤穂信氏の本。一年の初めは話題作で~、ってなことで本作。読み始めてから、連作短編ということに気づいた

崖の下 / ねむけ / 命の恩 / 可燃物 / 本物か
の全5話。

長編のつもりでいたから、ちょっと肩すかし。では、気を取り直して、今年も超あらすじ!

崖の下』
スキー場での遭難事故。崖の下で見つかった二人の男性。一人は既に死んでいた。
吹雪の中での滑落死。疑いようのない状況に、現場に到着した葛(かつら)警部は違和感を覚える。

『ねむけ』
強盗致傷事件の容疑者の一人が交通事故を起こした。交差点での出会い頭の事故。
信号は青だったと主張する容疑者。その証言は偽りとにらむ葛警部だったが、目撃者たちの証言は全て容疑者側に有利となるものだった。

『命の恩』
キャンプ場側の山の中で見つかった人間の腕。命を救われた父娘。恩に報いるという真の意味とは。葛警部の前に、恩と代償の天秤が揺れる。

『可燃物』
連続放火とみられる小火騒ぎ。現行犯で逮捕という難しさ。地道な捜査を続ける警察。葛警部は考える。放火犯の目的とは何なのか。犯人の歪んだ正義感とは。

『本物か』
ファミリーレストランで発生した立てこもり事件。
犯人側からの要求もないままの膠着状態。緊迫する現場。葛警部が目をつけたのは意外な人物だった。

葛警部が共通して出てくるのですが、彼は主役かつストーリーテラー的役割なのかな(別に彼が語っている訳ではないですが)。
もやもや感NO.1は『崖の下』だな。ちょっと、本当はどうだったの!?的な。
面白かったのは、『ねむけ』『本物か』。どちらも、第三者が絡んでくる話。人はいかなる時でも嘘をつく。その先に見知らぬ誰かの生き死にが関わっていても。あー、怖い怖い。



ブログランキング参加中!
バナーをポチッとお願いします!!
人気ブログランキング
人気ブログランキング

2023年10月14日

9月の本

毎度遅れての更新。
8月の本で書いた、途中放棄しそうになった本。
なんとか読んだぁーー。

   ・マルセル - 高橋のぶ子

81iDa15jlSL._SY466_

ずーっと前に、読んでみたい本にピックアップしていたこの本。どういう感じの本でしたっけ?などと思いつつ読書開始!結構頁数が多いけど、何とかなるよね。
では、超あらすじ。

父親の遺品整理をしていた千晶は、40年以上も前に起こったロートレックの名画・マルセルの盗難事件に関するノードを見つける。元新聞記者だった父の調査内容や推察など事細かに書かれている。父は何故そこまで事件について調べていたのか。千晶も父の足跡をたどるように事件の謎を追う。

はい。あらすじおしまい。
知らなかったのですが、この盗難事件は実際にあったことだそうな!

事件の謎を追う千晶ですが、その過程で幼いときに亡くなった母親の影を見つけます。
父はおろか身内も母については語ってはくれない。事件を追うことはいつしか母の面影を探すことにも繋がっていきます。

実はこの本を読み終えるのに足掛け2ヶ月もかかりました。諸事情で単純に読書の時間が取れなかったというのもありますが、なんというかちょっと本との相性が良くなかったのかなー。
正直、非常に長く感じた。ところどころで、話がくどいなぁって思っちゃった() 
後半やや現実離れした感のある展開も、最早中だるみで蓄積された疲労感に追い打ちをかける結果にしかなりませんでした。取りあえず、読み終えたことで、ヨシ!としよう。


ブログランキング参加中!
バナーをポチッとお願いします!!
人気ブログランキング
人気ブログランキング