3月の本5月の本

2023年05月21日

4月の本

花祭りに、しじみに、病院。
卯月にはこんな本を読んでいました。

 ・54字の物語1 - 氏田雄介
 ・どこでもない場所 - セーラ・L・トムソン 文 / ロブ・ゴンサルヴェス 絵 / 金原瑞人 訳
 ・3分で読める!コーヒーブレイクに読む喫茶店の物語 - このミステリーがすごい!編集部


41aN4a2VJOL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_クイズ番組で見て思い出した。
そうだ、まだ1作目を読んでいなかったじゃん。
ってなことで、手にした本書。
1作目は解説が最後にまとめて載せられているんですね。
後のシリーズでは各話の次頁に書いてあったので、これは新鮮(笑)

限られた文字数の中で、クスッとしたりゾクッとしたり、うーむと唸ったり。色んなテイストの話を楽しめます。
ショートショートを上回る短さながら、侮れませんな。








basyo前回は夏に同作者の絵本を読みました。夜を題材にした幻想的な絵に、しばし暑さを忘れた記憶があります。

これは、ロブ・ゴンサルヴェスという画家の絵に、作者のセーラ・L・トムソンが詩(文)を添えたという構成の絵本です。
以前にも書きましたが、いわゆるだまし絵の要素が含まれた不思議で幻想的な絵で、一気に非現実の世界へ連れて行ってくれます。

本作の原題は”IMAGINE A PLACE”。さぁ、どんな場所を見せてくれるのでしょう。
絵は全部で15枚。備忘録として書き留めておこう。扉絵からいっちゃおうか。

さぁ、鳥さんたちの家を吊り上げよう、真夜中の都市にともる回廊の灯、飛び石の先に連なる石城、月夜から滑り降りるスケーターたち、ドールハウスで遊んでいるのは私たち?それとも…、木々から生まれいずるのは深緑の鳥、スキーで滑降、目指すは春の花、船に揺られる家はどこへ向かう、夕空に響く柱時計の音、家へと誘う緑の巨大迷路、森はやがて海と一つに、本という物質が空間を創る、木を植えよう!家を建てよう!ほら、町が広がっていく、木々の隙間から顔を出す夜空へ光を放とう、流れるワルツに風も踊る、チェスは続くよ何処までも、想いでの貝殻と波に揺れる。

なんとなく、心に留めておけるかな?この不思議な世界


81vKsx4wDiLタイトル
通り、喫茶店でコーヒーを飲みながら気楽に読めるような短編集。ま、洒落て言うなら、アンソロジーか。

もちろん、全て喫茶店やそれに準ずるような店で起こる物語。
コーヒー嫌いな私がこの本を手にしたのは、もちろんそれが「このミス」編集だったから。ミステリー絡みなら場所はいとわん!とばかりに読書開始~。

短編集なだけに、結構な話数が入っている。備忘録を兼ねて、一気に列挙!

フレンチプレスといくつかの嘘 - 岡崎琢磨 / おみくじ器の予言 - 佐藤青南 / 婚活ドリームチーム - 柊サナカ新花のあんばい 城山真一 / 珈琲占い 志駕晃 / 全裸刑事チャーリー股間カフェ 七尾与史 / アットホームじゃない職場 - 蝉川夏哉 / 高架下の喫茶店 - 柏てん / 麻野と理恵の謎解きカフェごはん 友井羊 / 銀河喫茶の夜 黒崎リク / アンコール 青山美智子 / ピートの春、その後 乾緑郎 / 雨の日のモーニング – Swind / 迷庵にて 三好昌子 / 儲け話 塔山郁 / 睡魔 梶永正史 / おじいさんと猫の喫茶店・高橋由太 / 鳥籠・深沢仁 / 子供お断り・堀内公太郎 / シュテファン広場のカフェ・山本巧次 / 一杯のための物語・岩本一麻 / 最高の寝床・沢木まひろ / 喫茶「交差点」のドッペルゲンガー・喜多喜久 / モンブラン死すべし・降田天 / 「愚痴喫茶」顛末記・海堂尊

ハァ、ハァ…長かった…。
恒例の知っている作家さんはいるかな?のコーナー。

大半が知らない作家さん。名前の読み方すらわからん。
あ、七尾与史さんは知ってる。あの、バカバカしくも(褒め言葉/笑)何か刺さった「死亡フラグが立ちました!~」の人だ。最近では「偶然屋」を読んだっけ。
後は、山本巧次さんだ。なんやかんや読んでいる「八丁堀のおゆう」シリーズの作者だ。
それ以外はおそらく初読みさんたちかなぁ。もちろん海堂尊さんを除いてですが。

面白かった作品は、「おみくじ器の予言」「婚活ドリームチーム」「アンコール」「鳥籠」かなー。あ、「愚痴外来」は除いて(笑)。
めずらしく、気に入ったのはどれも恋物語系でした。そうじゃないのは「鳥籠」だけか。
でも、この作品、結構好きな感じでした。幻灯機が映し出す物語のような。

この「3分で読める!」は他のシリーズもあるようなので、近々読んでみよっかなー。


ブログランキング参加中!
バナーをポチッとお願いします!!


人気ブログランキング

noritama594 at 22:12│Comments(2)本嫌いの読書感想文 

この記事へのコメント

1. Posted by 無双   2023年06月22日 20:37
短編集、作者さんがいっぱい!

みんな知らない人だ……(爆)
2. Posted by 書記   2023年06月23日 12:02
ほんっと、世の中にはいったい
何人の作家さんがいるのだろうか。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
3月の本5月の本