4月の本6月の本

2020年06月13日

5月の本!

例のアレで、図書館が閉まっていた期間。
そうだ!家の本棚に、まだ手をつけていない本があったじゃないか。

 ・塗仏の宴 宴の支度 - 京極夏彦


5106JR5B0VLものすごーく久しぶりの京極堂シリーズ。
あまりの分厚さに恐れを抱き、手元にあるにも関わらず表紙を開くことを躊躇っていた。満を持しての登場(笑)
分厚いのはいつものことですが、今回はいわゆる上下巻の様相。煉瓦のような文庫を二冊読まなければ完結しないという苦行…いや、愉悦の極み。

読み始めて暫く、シリーズ前作を飛ばしていることに気付き愕然。読み進めるべきか否かを逡巡し、折角歩んだ道程を無駄にするに忍びなく、直接繋がっている訳じゃないから目の前にある山を登りきるとしよう、と決断。
などと、無駄に長い前置きなのは、本作の長さに対して感想文が短すぎるのもアレかなぁという無意味な気遣い。早くもまともな感想を書ける気がしない。

で、本題。
宴の支度・始末から成る二部構成。
それに倣って感想も二部構成にしようと思う。というのは単なる言い訳で、始末を読み始める頃にゃ、支度のことなど忘れちまっているだろうと、己を知った上での防御策。
塗仏--石燕の画図百鬼夜行には、両目が零れ落ちた仏像がぬっと顔を出している。支度で取り上げられた妖怪は、全て画図百鬼夜行の風篇からですね。以下六話収録。

ぬっぺっぽう / うわん / ひょうすべ / わいら / しょうけら / おとろし

どうしようかと悩みつつ、超あらすじをやっておこうかな。
ぬっぺっぽう:男が久しぶりに訪ねたのは、以前自分が駐在していた村。しかし、村はおろか住民さえもが消えていた。地図にも人々の記憶にも存在しない村。全ては男の妄想なのか。調査を依頼された関口は現場へと向かうが。
うわん:浜辺で自殺未遂現場に出くわした女。一旦は思い留まったかと思われた男は、またも自殺を試みる。再三死のうとする男には、ある奇妙な過去があった。
ひょうすべ:祖父が新興宗教のような組織にたぶらかされていると訴える女。知り合いを介して話をきいた京極堂は意外な事実を女に突きつける。
わいら:正体不明の女を助けた中禅寺敦子。実はその女は世間を騒がす占い師だった。時を同じくして、敦子の家が襲撃される。怪我を負った敦子が頼ったのは、あの探偵だった。
しょうけら:木場が女から受けた相談とは、男に付きまとわれて困るというものだった。男から送られてくる手紙には、女の行動が逐一書かれているという。何から何まで不気味に符号する内容。男は四六時中どこからか女の部屋を覗いているのだろうか。
おとろし:とある調査に乗り出す女。一夜にして消えた村民。無くなった屋敷。抜け殻のようになって戻ってきた目撃者。不気味な郷土史家は一体何者なのか。謎を追う女の背後に現れたのは誰か?

ここで、上巻にあたる『支度』は終わり。
全体的な感想は下巻の『始末』読了後に書こうと思いますが、はてさて何時のことになるのやら。
今回も悲運の男・関口。早く助けてあげてください(笑)
礼二郎に木場修、懐かしい。
京極さんの本はちょいちょい読んでたけど、このシリーズはほんっと久しぶりだからなぁー。
蘊蓄責めも心地良く感じます。
いや、ちょっと挫けそうになったけど(笑)



ブログランキング参加中。
バナーをポチッとクリックお願いします!


noritama594 at 21:39│Comments(5)本嫌いの読書感想文 

この記事へのコメント

1. Posted by 夢双   2020年06月28日 01:08
京極堂シリーズの総決算、塗仏の宴だー^^

長いー。

前作読まないのはまずいのではと思案するところであります;-;

2. Posted by 書記   2020年06月29日 12:45
えぇぇぇー。本当にぃー!?
まだ、始末の方は読み始めていないのですが、
前作をはさむべきなのか…(-_-)
長い道のりが、さらに長く……
3. Posted by 無双   2020年07月05日 20:45
読んでないのが絡新婦の理だと……
4. Posted by 書記   2020年07月07日 21:09
まさに、それです…
あーー、読みますよ!ええ、読みますとも!!(笑)
まずは、買ってこなきゃww
5. Posted by 無双   2020年07月17日 00:18
がんばーwww

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
4月の本6月の本